つりしのぶとは

江戸時代、深川辺りに住んでいた植木屋さんたちによって、出入りしていたお屋敷に涼感を楽しんでもらおうと考案されたのがつりしのぶの始まりです。 情緒豊かな つりしのぶは、魔除けの意味を持つ風鈴が付けられ、やがて全国に広まっていきました。

日本産しのぶには四季折々の風情があり、亜熱帯産常緑しのぶは一年中通して青葉を楽しむことができます。どちらも簡単な世話だけで10年20年、或いはそれ以上長く(環境条件にもよります)鑑賞することができますので、贈り物としても大変喜ばれます。

現在、つりしのぶを専門に作っている農園は全国に二軒しかありません。宝塚北部の豊かな自然に囲まれたつりしのぶ園では、広い圃場で何年もかけてしのぶ苗を元気一杯に育て上げ、しのぶ玉ひとつひとつ丁寧に手作りしています。
つりしのぶを始め、様々なしのぶ玉、山野蘭、流木を一年通してオンラインショップにてお求めいただくことができます。どうぞご利用ください。